PR

産経WEST 産経WEST

吉川友梨さん不明事件 捜査尽力の元捜査員、事件発生丸16年の日に亡くなる

加津一真さんがいつも持ち歩いていた手帳を手に、思い出を語る妻の恵子さん=大阪府寝屋川市(小松大騎撮影)
加津一真さんがいつも持ち歩いていた手帳を手に、思い出を語る妻の恵子さん=大阪府寝屋川市(小松大騎撮影)

 大阪府熊取町で平成15年、小学4年だった吉川友梨さん(25)が行方不明になった事件で、解決に心血を注いだ大阪府警の元捜査員が事件発生から丸16年となった今年5月20日、亡くなった。府警捜査1課に長年所属した加津一真(かつ・かずま)さん、享年69。退職後も足しげく現場に通っていたといい、妻の恵子さん(66)は「心の底から事件解決を願っていた夫の無念や熱意を感じた。命日が事件発生日と重なるなんて」と振り返った。(小松大騎)

 「情が深くて真面目。人間味のある人だった」。恵子さんは夫の人柄をこう語る。加津さんは島根県出身で、昭和51年に府警に採用された。捜査1課には通算で10年間所属し、事件発生直後の平成15年5月から友梨さんの事件を担当。退職するまでの7年間、捜査を指揮してきた。

 ただ、捜査は難航。現場では不審な白い車が目撃されており、友梨さんは何者かに車で連れ去られたとみられるが、悲鳴や物音を聞いた人はおらず身代金の要求もなかった。手がかりは少なく、時間だけが過ぎていった。家族に弱音を吐いたことは一度もなかったが、恵子さんは、深夜に帰宅してたばこを吸いながら考え込む加津さんの姿が印象に残っているという。

 事件発生から約7年が経過した22年春に退職。親族には「友梨ちゃんの事件を解決できなかったことが一番の心残り」と漏らした。退職後も友梨さんの顔写真や地図などが入った愛用の手帳を持って事件現場に足を運んだ。自宅のカレンダーには友梨さんの誕生日に印を付けていた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ