PR

産経WEST 産経WEST

【河村直哉の時事論】国会は脅威見据え原則論じよ

 ここで日本が考えるべきは国家の原則ではないか。主権国家とは自国民と領域を自ら統治する国のはずである。自国への脅威が増しているときにはまず自国がその脅威に備え、取り除くべく努めるのが本来のはずである。だが日本の安全は、米朝交渉に左右されてしまうところが大きい。北朝鮮の挑発にもいまだに自力ではなすすべがないのが、悲しいかなこの間の現実である。

 主権を制限された憲法ゆえに日本は、日米安保条約によって統治機能の一部をアメリカに委ねざるをえない。だから今回のような事態が起こる。このような従属構造こそ一日も早く改められるべきなのである。

 今後の臨時国会がどうなるかは知らない。だがこのような戦後日本が抱えた根本問題を回避したままでは、独立国の国会とは言い難い。   (編集委員兼論説委員 河村直哉)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ