PR

産経WEST 産経WEST

神戸阪急がオープン 三ノ宮駅前、そごうを新装

オープンした神戸阪急に入る買い物客ら=5日午前、神戸市中央区(鳥越瑞絵撮影)
オープンした神戸阪急に入る買い物客ら=5日午前、神戸市中央区(鳥越瑞絵撮影)

 神戸市のJR三ノ宮駅前で9月末に開業から約86年の歴史に幕を下ろした「そごう神戸店」が5日、屋号を「神戸阪急」に変更して新たにオープンした。内装も一部リニューアルされ、新たな神戸の顔として業績回復を狙う。

 神戸阪急は毎日楽しさを提供する「フェスティバル365」をテーマに、一部フロアを改装。9階催事場を広げたほか、2、3階にはワークショップや実演販売を行うスペースが設けられた。

 この日は朝から、新装開店を待ちわびた約5千人の買い物客が入り口前に行列をつくった。本館2階の広場で開かれたセレモニーには、宝塚歌劇団花組の聖(せい)乃(の)あすかさんらが出席し、オープンを祝った。

 40年以上そごう神戸に通っていたという同市中央区の無職、藤原裕子さん(71)は「以前よりパワーアップし、さらに市民に愛される百貨店になってほしい」と笑顔を見せた。

 そごう神戸は昭和8年に開業。かつては売上高で神戸の「地域一番店」だったが、その後業績が低迷し、今年9月30日に営業を終了した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ