PR

産経WEST 産経WEST

名神高速バス死傷事故 バス運転手に禁錮2年判決 大津地裁

 滋賀県草津市の名神高速道路で5月、渋滞中の車列に観光バスが衝突し、15人が死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)罪に問われたバスの運転手、鈴木武被告(52)=大阪府八尾市=の判決公判が3日、大津地裁で開かれた。横井裕美裁判官は禁錮2年(求刑禁錮3年)を言い渡した。

 横井裁判官は判決理由で「看板などで渋滞を把握していたのにもかかわらず、油断して注意がおろそかになり事故を起こした」と指摘。「居眠りや携帯電話の操作といった悪質な行為はないにしろ、過失の程度は大きく、刑事責任は重い」とした。

 判決によると、鈴木被告は5月24日午後4時20分ごろ、観光バスを運転し、名神高速上り線から新名神高速道路に通じる付加車線を時速約90キロで走行中、渋滞で前方に停止していたワンボックス車に追突。ワンボックス車に乗っていた女性会社員=当時(58)=を死亡させ、他2台も巻き込み、計14人に重軽傷を負わせた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ