PR

産経WEST 産経WEST

【関電 原発マネーの闇】(上)「社長就任祝いは金貨10枚」地元有力者の幻影におびえ 

経営幹部が金品を受領していた問題で関西電力が開いた会見=2日午後2時40分、大阪市福島区(安元雄太撮影)
経営幹部が金品を受領していた問題で関西電力が開いた会見=2日午後2時40分、大阪市福島区(安元雄太撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 「原子力事業に悪影響が出るリスクがあると思っていた」。300人以上の報道陣を前にマイクを握った岩根茂樹社長の表情は苦渋でゆがんでいた。

 2日午後、世間の猛烈な批判に押し切られる形で再び開かれた関西電力の記者会見。福井県高浜町の元助役、森山栄治氏(今年3月に死去)の顔色をうかがう形で情報を漏洩(ろうえい)し、常識を逸脱した金品を受領する。3時間以上に及んだ記者会見でつまびらかにされたのは、原発立地町の有力者に振り回された電力会社の実像だった。

*  *  *

 会見で報道陣の質問が集中したのは、森山氏と関電の関係性と、“原発マネー”の還流の有無だ。岩根社長は「森山氏は特別だという前例が引き継がれていた」とし、立地地域への悪影響を懸念し、特別扱いを続けていたと釈明した。

 岩根社長自身、森山氏から金貨10枚を受け取っていた(後に返却)。平成29年3月、「社長就任祝い」という名目だった。「高価なものが入っているかもしれないと聞いて秘書に確認させたところ、お菓子の下から金貨が出てきた」。安っぽいドラマのようなやり取りが繰り広げられていた。

 関電が明らかにした金品の受領総額は3億円超。現金や商品券が多い中、米ドルや金杯などの品目も並んだ。また、11人が計75着、3750万円相当のスーツを受領。1着の平均額は50万円という高級スーツだが、返却されたのはわずか14着分だった。

*  *  *

 「お前の家にダンプを突っ込ませる」「娘が可愛くないのか?」。叱責、罵倒、恫喝(どうかつ)…。関電は報告書の中で、森山氏との関係で主従の構図を描いてみせた。ただ、地元関係者には「怖かった」と漏らす人がいる一方、「偉大だった」と評する声も聞かれる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ