PR

産経WEST 産経WEST

「備えは健脚から」12月に防災イベント 大阪経済大を起点に 

防災ウオークをPRする大阪経済大学のキャラクター「はてにゃん。」と学生実行委員のメンバー=大阪市浪速区
防災ウオークをPRする大阪経済大学のキャラクター「はてにゃん。」と学生実行委員のメンバー=大阪市浪速区

 南海トラフ地震など大規模災害に備え、健康づくりと防災意識を高めるイベント「OSAKA5GO! WALK~災害に強いまちづくりは健脚から~」が12月7日、災害時避難所でもある大阪経済大学(大阪市東淀川区)を起点に行われる。地域の防災活動と学生の防災学習を兼ねた官学連携プロジェクトで、市民の参加を呼びかけている。

 昨年6月に発生した大阪北部地震では、朝の通勤・通学時間帯に起きたこともあり、「帰宅困難者」という都市型地震の課題が改めて浮き彫りになった。

 防災ウオークは、そんな帰宅困難者となった際、歩いて帰れるとされる20キロを目安に平均時速4キロで5時間歩ける脚力づくりを目指すことに加え、防災の視点で「まち」を見直す体験をしてもらおうと、平成29年に始まった。

 企画、運営を担当するのは同大の学生実行委員ら。高齢者や子供向けの「体験コース」(5キロ)では、実際に歩いて自分用の防災マップを作製する。同コースと「ファミリーコース」(10キロ)、「チャレンジコース」(20キロ)の3コースがあり、いずれもスタンプラリーをしながら防災施設の見学を兼ねて歩く。

 イベントPRのため産経新聞大阪本社(浪速区)を訪れた学生たちは、「楽しみながら防災の知識を身につけてもらえれば」と参加するメリットをアピールした。

 定員は先着千人。参加無料、雨天決行。11月15日までにホームページまたはFAXで申し込む(定員になり次第終了)。問い合わせは同実行委(06・6328・2431)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ