PR

産経WEST 産経WEST

役者出演、口座残高偽造…巧妙演出で購買意欲あおる 情報商材詐欺事件

 「GIFTプロジェクト」と称する情報商材をめぐる詐欺事件で、八木雄一(31)と笠間悠(ゆう)(36)両容疑者=詐欺容疑で逮捕=らのグループが、商材を宣伝する動画に架空の成功談を語る人物を登場させたり、改竄(かいざん)した口座記録を見せたりして購買意欲をあおっていたことが26日、大阪府警への取材で分かった。

 府警によると、グループには動画の脚本や監修の担当者がおり、伊藤公一容疑者(65)=同=が80億円以上を持つ資産家にふんして「永続的に毎月10万円をギフトできる」と説明。高級時計や数億円の口座残高を示すパソコンの画面を示したうえ、「すでに500~600人にギフトしている」と強調し、7人が「人生が変わった」などと成功体験を語った。

 しかし、府警の捜査で、口座記録は偽造されたもので、7人は日当2万円で雇われて架空の体験談を語っていたことが判明。商材の購入者に毎月10万円を配当するのに必要な投資も行っていないのに、こうした動画で「何もしなくても現金がもらえる」と信じ込ませていたという。

 情報商材では、販売前に動画を連続してみせることで、期待感をあおる「プロダクトローンチ」と呼ばれる手法が使われることも多い。府警は動画の内容が虚偽であれば、それを配信する行為自体が詐欺にあたると判断した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ