PR

産経WEST 産経WEST

伊丹空港、保安検査やり直しで混乱 係員が「乗客にナイフを返却」と申告

検査のやり直しなどで混雑する大阪国際空港(伊丹空港)=26日午前(彦野公太朗撮影)
検査のやり直しなどで混雑する大阪国際空港(伊丹空港)=26日午前(彦野公太朗撮影)

 全日空によると、26日午前7時5分ごろ、大阪(伊丹)空港の全日空の保安検査場の係員から「利用客の手荷物からナイフのようなものが見つかったが、誤って返却してしまった」と申告があった。

 航空法などで刃物の機内への持ち込みは禁じられており、全日空は保安検査場を通過していた全利用者に対し、再び検査を実施している。大阪府警によると、負傷者などは出ていない。

 再検査に伴い、航空便の出発に遅れが生じ、空港内で混乱が起きているという。全日空は、午前9時25分以降、南ターミナルを出発する全便の運航を見合わせている。

 全日空などは、係員が利用客に刃物を返却した経緯を調べる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ