PR

産経WEST 産経WEST

大阪で銭湯が激減のピンチ 全国最多から陥落、被災や料金アップで苦境に

 知る人ぞ知る銭湯王国の大阪で、昔ながらの公衆浴場が急速に姿を消している。平成30年度の調査ではついに東京に抜かれ、全国トップの座から陥落した。内風呂の普及や後継者不足といった構造的な問題は東京にも共通するが、大阪の場合は関西国際空港を“水没”させるほどの風雨をもたらした昨年9月の台風21号が追い打ちとなった。さらに10月10日の「銭湯の日」を前に、大阪の多くの銭湯で、消費税増税に伴い入浴料が値上げとなる見通しだ。経営者は「客足がますます遠のく」と危機感を募らせる。(井上浩平)

北陸出身者が開業

 「銭湯は慈善事業ではないから、需要がなければ減るのも仕方がない。昔は街で道案内を頼めば、当たり前のように『銭湯の煙突の近く』とか『風呂屋の角』と目印にされたほどだったが…」。大阪府四條畷市の銭湯経営、土本昇さん(64)が現状を憂えた。

 家庭に風呂があるのが珍しかった時代、銭湯は日常生活に欠かせない施設だった。土本さんによると、大阪では戦前から戦後にかけて、石川や福井、富山など北陸地方出身者を中心とする「初代」が大阪に移住して銭湯の経営を始めた。その後、仕事を手伝わせるために家族や知人を呼び寄せ、のれん分けする形で府内各地に広がっていったという。

 銭湯の開業には、土地取得を含めたそれなりの初期投資がいる。そこで、農業などで蓄えのあった北陸出身者による開業が増えたとの説がある。土本さんの先代の父親も石川出身だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ