PR

産経WEST 産経WEST

【京アニ2カ月】志茂田景樹さんが語る「懸賞小説の闇」

京アニ放火殺人事件についてブログで語った志茂田景樹氏(志茂田景樹事務所提供)
京アニ放火殺人事件についてブログで語った志茂田景樹氏(志茂田景樹事務所提供)
その他の写真を見る(1/3枚)

 懸賞小説の闇ってあるんだよ-。直木賞作家の志茂田景樹さん(79)が自分のブログに、アニメ制作会社「京都アニメーション」の放火殺人事件に寄せた文章を載せた。事件では、京アニに作品の投稿経験があるとみられる青葉真司容疑者(41)が「パクりやがって」と話していた。懸賞への投稿を続けた末に作家になり、見知らぬ人物に「パクっただろう」と詰め寄られた経験のあるという志茂田さんに、「闇」について尋ねた。

 ブログに掲載したのは、《僕も懸賞小説を唯一の手がかりにもの書きの世界に這(は)い上がっただけに その闇のおぞましさは承知してるのよ》などというタイトルの文章だ。

 この中で志茂田さんはまず、自分が世に出る前のころを「職を転々としてきた僕には出版の世界に手がかりがない。新人賞と称する懸賞小説に応募し受賞するしか道はなかった」とひもといた。志茂田さんは取材に対し、当時のことを「大学卒業後、新聞の求人広告を頼りにした『風来坊的な人生』を送っていたが、不安定な生活を変えたいと小説家を目指し、投稿を始めた」と振り返った。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ