PR

産経WEST 産経WEST

芸術の秋、10月5日から「ラファエル前派の軌跡展」 あべのハルカス美術館

 19世紀の英国美術に衝撃を与えたラファエル前派兄弟団。その誕生から展開をたどる「ラファエル前派の軌跡展」( https://prb2019.jp/ )を10月5日から12月15日まで、あべのハルカス美術館(大阪市阿倍野区 https://www.aham.jp/ )で開催します。

■ターナー、モリス…育児ママ貸切、子供も喜ぶ謎解きゲームも

 ロセッティやミレイを中心メンバーとするラファエル前派は、英国美術の伝統を否定し、新しい芸術世界を打ち立てようと決意した若い芸術家グループ。ラファエロ(英語名はラファエル)以前の中世や初期ルネサンスの芸術を模範とし、中世の伝説や文学を題材に、誠実な細密描写や鮮やかな色彩の叙情的な作品が特徴です。

 本展では、ラファエル前派の画家を軸に、ターナーやウィリアム・モリスらの絵画、書籍、ステンドグラス、家具など約150点を展示。美術史に輝かしい軌跡を残した芸術家たちの功績を紹介します。

 期間中、マタニティや子育て中の方を対象に「貸切の特別鑑賞DAY」、新しい鑑賞体験「リアル謎解きゲーム ある展覧会の奇妙な秘密」なども開きます。

     ◇

 【開館時間】火~金10時から20時 月土日祝10時から18時 入館は閉館30分前まで

 【休館日】10月7日、21日、28日

 【観覧料】一般当日1500円、大高生1100円、中小生500円(前売り券は各200円引き)

 【問い合わせ】電話06・4399・9050、公式サイト https://prb2019.jp/

 主催 産経新聞社、あべのハルカス美術館、関西テレビ放送

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ