PR

産経WEST 産経WEST

京アニ劇場版、エンドロールに刻まれた全スタッフの名と「生きた証」

京都アニメーション制作の映画「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝」のパンフレット。クレジットのページには放火事件の犠牲者と負傷者を含む全スタッフの名前が記されている(永田直也撮影)
京都アニメーション制作の映画「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝」のパンフレット。クレジットのページには放火事件の犠牲者と負傷者を含む全スタッフの名前が記されている(永田直也撮影)

 「京都アニメーション」(京アニ、本社・京都府宇治市)の放火殺人事件から18日で2カ月。事件の前日に完成した新作映画「ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝」は興行成績6位にランクイン、監督初挑戦の藤田春香監督の希望で、制作に関わった全スタッフの名前がエンドロールに登場している。そこには、事件で犠牲となった全35人と、34人の全負傷者の名前も。「制作に参加した全員の生きた証し」(京アニ代理人)を、ファンはどう受け止めたのだろうか。(尾崎豪一)

 9月上旬の平日、神戸市内の映画館。エンドロールが終わるまで席を立つ人はなく、場内にはファンがすすり泣く声が響いた。

 「上映にこぎ着けてくれたことへの感謝や、作品が伝える身近な人との『愛』の大切さ。エンドロールでいろいろな思いがこみ上げた」。神戸市垂水区の大学生、穐本典偉(あきもと・てんい)さん(19)はこう話した。

 「ヴァイオレット-」は、西洋風の街並み、広大な自然や貴族社会が存在する大規模な戦争後の異世界を描いた作品。街の郵便会社を舞台に、戦争で両腕を失った元少女兵のヴァイオレットが手紙の代筆業を通じ、さまざまな愛の形を知る姿を描いている。

 日常の機微を描く作品が多い京アニには珍しく、戦争を題材に取り入れたシリアスな作品。壮大な世界観を描くため、ロケーションは海外でも行ったという。

 制作の中心となったのは次世代のクリエーターたち。藤田監督は、吹奏楽部の生徒の青春群像劇を描いた「響け!ユーフォニアム」8話の演出で注目を集めた気鋭の若手だ。キャラクターの瞳や小道具を強調したり、対象物以外をあえてぼかしたりするカメラワークも高く評価されている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ