PR

産経WEST 産経WEST

遺跡の上、あえて建てた物流施設 アマゾンも入居

その他の写真を見る(1/4枚)

 世界文化遺産に登録された百舌鳥・古市古墳群のある大阪府藤井寺市で、遺跡の上に建てられた大型物流施設の取り組みが注目を集めている。企業側は立地の良さに着目。発掘調査の期間を含めた長めの工期をとって計画を立てた上に、展示スペースを設けて出土品を一般公開した。行政も評価する「遺跡に優しい開発」の実態とは。(藤崎真生)

 ネット通販大手のアマゾンなど約10社が入る物流施設「レッドウッド藤井寺ディストリビューションセンター(DC)」。甲子園球場2・1個分に当たる約8万3000平方メートルの広大な敷地は、弥生時代から室町時代にかけての集落跡「津堂遺跡」の中にある。

 5階建ての建物に入ってすぐのエントランスに、赤茶色や青みを帯びた灰色の土器約20点が整然と並んでいた。透明な床面には、集落跡が幅約2・4メートル、奥行き約3メートルにわたって模型で復元されている。

 施設を手がけたのは、香港にグループ本社を置く物流不動産会社「ESR」。この地を選んだ決め手は、アクセスの良さだった。広報担当のマーケティングオフィサー、横山智子さん(45)は「高速道路のインターチェンジに近く、近畿2府4県に展開しやすい」と説明する。

 一方で藤井寺市は百舌鳥・古市古墳群の古市エリアにあり、開発をすれば遺跡を掘り当てる可能性が高い。市教委によると、平成元~30年度に行われた建設工事に伴う試掘・発掘調査は約2900件。年間100件弱という計算になる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ