PR

産経WEST 産経WEST

【インターン取材】和歌山から「東京」盛り上げ 地方最速!? 五輪グッズ24種販売

東京五輪グッズを販売する「わかやまスポーツ伝承館」の江川哲二館長。「一緒に盛り上がっていければ」と話している
東京五輪グッズを販売する「わかやまスポーツ伝承館」の江川哲二館長。「一緒に盛り上がっていければ」と話している

 東京オリンピック・パラリンピック開催まで1年を切ったが、2年ほど前から地方で東京五輪グッズを販売しているところがある。和歌山市の「わかやまスポーツ伝承館」だ。江川哲二館長は「和歌山で東京オリンピックグッズが手に入る。一緒に盛り上がっていければ」と話している。

 今では地方でも五輪グッズを扱っているところがあるが、同館が販売を始めたころは、東京都やインターネット販売が中心で、江川館長もグッズのことは知らなかった。グッズ販売が開始された当日の朝「伝承館で東京五輪のグッズは売っているのか」という地元の人からの問い合わせで初めて知り、県民の声に応えたいと販売を企画した。

 しかし、その思いを同館関係者に伝えたところ「売らしてくれないだろう」と取り合ってもらえなかった。それでもあきらめきれず、自ら販売元に問い合わせたところ、販売許可がおりた。

 同館では、Tシャツ(税抜き2500円)やピンバッジ(同600円)、ハンドタオル(同800円)、キーホルダーなど24種類のグッズを販売。商品を実際に手にとって見てもらうこともできる。買い物客の中には、品切れだった都内へ送ったり、海外へのお土産として買っていく人もいたという。

 江川館長は「グッズを欲しいという地元の人たちの声に応えたいとの思いが強かった」と述べ、五輪終了まで販売を続けたいとしている。(岩村太郎)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ