PR

産経WEST 産経WEST

【エンタメよもやま話】地価急落、プラダ撤退… 大規模デモで揺れる香港からヒト、モノ、カネが逃げていく…

 現在のほぼ半額に近い値下げに踏み切った理由は言うまでもありません。大規模デモの長期化と過激化が進み、香港の公共交通機関や航空路線が混乱。中国本土からの買い物客が減少しているためです。

 香港の6月の小売売上高は前月比6・7%減で、5カ月連続の減少を記録。とりわけ宝飾品や時計といった高級品の販売額は前年比17%減(57億香港ドル=約770億円)と大きく落ち込みました。プラダだけでなく、香港の人気化粧品ブランド「BONJOUR(ボンジュール)」も今年の11月にラッセルストリートの大型店舗を閉鎖すると発表しました。現地の不動産業者の間では、香港に進出している他の高級海外ブランドの間に不安が広がっているといいます。

 旅客機の香港便にも悪影響が出ています。8月24日付のSCMP(電子版)などによると、米大手、ユナイテッド航空が、デモの長期化による需要減を理由に、本拠地があるシカゴと香港を結ぶ直行便の就航を休止すると発表したのです。

 最終便は9月8日で、同社は「シカゴと香港間の旅行需要が減少しており、休止が最善策であると判断した」との声明を発表。同時に、グアム~香港路線の休止時期を当初予定の10月27日から10月14日に前倒しすることも発表しました。こちらの理由も、大規模デモの長期化による需要の減少だといいます。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ