PR

産経WEST 産経WEST

【一聞百見】あの桂枝雀が見いだし立川談志に助けられた…サクセス物語 落語作家・小佐田定雄さん(67)

桂枝雀に出会った当時の小佐田(右)。若い!(本人提供)
桂枝雀に出会った当時の小佐田(右)。若い!(本人提供)
その他の写真を見る(1/6枚)

 落語作家・小佐田定雄、67歳。今や落語だけでなく、狂言や文楽、そして歌舞伎の脚本を手がける日本を代表する「芸能作家」である。そのきっかけは昭和52(1977)年、落語家・桂枝雀に送った“10枚の原稿用紙”。サラリーマンだった小佐田(当時は本名・中平)が書いた初めての作品「幽霊の辻」だった。なぜ、一介のサラリーマンが当時、全盛を誇っていた枝雀に? サクセスストーリーを追ってみた。(聞き手 編集委員・田所龍一)

■名人興奮させた素人の新作

 関西学院大の法学部を卒業した小佐田は保険会社に就職した。学生時代に大学の「古典芸能研究部」に所属し、寄席囃子について研究したものの、作家になろうなんて小指の先ほども考えていない。寄席通いはあくまで趣味。贔屓(ひいき)は桂枝雀…。「実は枝雀を襲名してからの落語はあんまり好きやなかったんですよ。小米時代は繊細できれいな大阪弁をしゃべってはった。それが枝雀になってからは目を寄せたり跳びはねたり…」

 昭和52年6月、そんな枝雀が新作落語の会「枝雀の会」を開くという。小佐田は期待して見にでかけた。「1回目は面白かった。けど、2回目はアイデアは分かるけど、ちょっと無理があった。3回目はストーリーの飛躍が激し過ぎて、お客がついて行かれへん」。そのとき小佐田の頭を巡ったのは「師匠の作りたかった落語はそんなんやないのと違いますか?」という思い。そして「こんな落語をやりたかったのとちゃいますか」と一心に書き上げたのが、原稿用紙10枚の「幽霊の辻」だった。

 「落語の台本なんて書いたことなかったし、米朝全集を引っ張り出して、書き方をマネしました」。枝雀に郵送した。返事をもらえるなんて思っていない。ところが2日後、枝雀本人から「会いたい」と電話がかかってきた。「まさか…とびっくりしました。角座の裏の喫茶店で会いました。後で師匠の奥さんに聞いたんですが、師匠も興奮しておられたようです」

 52年といえば「2代目桂枝雀」を襲名して5年目。新しい試みに取りかかろうとしているときだった。そこへ、全く違う世界から「こんなんどうですか」と新作落語を送りつけてきた。枝雀は感動した。「師匠も何かを欲してはったんでしょう。だから、新しい“仲間”が増えた-と喜んでくれはったようです」。枝雀は極端な恥ずかしがり屋。どこへ電話をかけるときも、奥さんがダイヤルするほど。ところが、このときは、自分から受話器をとって小佐田に電話をかけたという。

 2人が会って1カ月後の7月3日、「枝雀の会」で「幽霊の辻」が初演された。落語作家、誕生である。

「米朝一門会」の楽屋で桂南光(左)、桂米團治(右)と話をする小佐田=大阪市北区(山田哲司撮影)
「米朝一門会」の楽屋で桂南光(左)、桂米團治(右)と話をする小佐田=大阪市北区(山田哲司撮影)
その他の写真を見る(2/6枚)
悲しみにくれる小佐田を救った立川談志
悲しみにくれる小佐田を救った立川談志
その他の写真を見る(3/6枚)

≪取材余噺(1)≫

 小佐田は昭和39年から44年までラジオ大阪で放送された落語家・桂米朝とSF作家・小松左京のトーク番組「題名のない番組」への“はがき投稿少年”だった。「中学時代に替え歌やパロディー、ショートショートを書いて送りました。採用されると放送局のシャーペンがもらえた。それに高校(関学高)の担任の先生が毎週、原稿用紙2枚に文章を書かせたんです。ショートショートを書いたら、“次回も楽しみにしている”って」。いきなり作品を枝雀に送りつけた小佐田のルーツは中高時代にあったのである。

(次ページ)あの立川談志から「元気か!」、そして…

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ