PR

産経WEST 産経WEST

ヒガシクロサイの赤ちゃん13日から公開

ヒガシクロサイの赤ちゃん
ヒガシクロサイの赤ちゃん

 愛媛県立とべ動物園(砥部町)は13日から、今月2日に誕生したヒガシクロサイのオスの赤ちゃんを公開する。当面は午前9時~午後2時半、屋内展示室で公開。母親の「クー」に甘えるかわいらしい姿が見られそうだ。

 ヒガシクロサイは密漁で野生の生息数は約5千頭と激減し、絶滅危惧種に指定されている。国内の飼育頭数は昨年末時点で22頭で、四国ではとべ動物園だけ。

 13日から赤ちゃんの名前を来園者の投票で決めることにしており、10月12日に命名式を行う。候補名は「スリート」「フー」「クロン」「サン」「クニオ」の5つ。当日は決まった名前に投票した5人を命名者とし、ぬいぐるみをプレゼントする。

 ヒガシクロサイの担当係長、佐々木善基(よしき)さん(53)は「生まれてから少し大きくなった。甘えん坊でお母さんと離れたくない様子。一番はかわいいところを見てください」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ