PR

産経WEST 産経WEST

京都工繊大前副学長が不正に特許契約、懲戒解雇

 大学の知的財産の責任者である理事・副学長の地位を利用し、自ら立ち上げたベンチャー企業に利益をもたらすような契約を大学に無断で締結するなどの不正行為を行ったとして、京都工芸繊維大は12日、前副学長の森肇教授(60)を同日付で懲戒解雇したと発表した。

 大学によると、森教授は平成27年1月、自身が立ち上げたベンチャー企業「プロテインクリスタル」(PCC)と英国のバイオベンチャー企業との間で、大学とPCCが共有している特許を独占使用できる権利を譲渡する契約を不正に締結したほか、事務局に虚偽の証言をするなど計5つの不正行為を行ったという。

 特許は、感染症などの治療薬の製造、使用方法に関する内容。昨年1月に内部告発があり発覚したが、森教授は不正行為を否定している。特許取得のための研究については、大学の施設も使用していたことから、大学側は「(森教授の)対応は保身に走っており不誠実だ」と指摘、背任罪での刑事告訴についても検討している。

 大学側は、再発防止に努めるとしている。森迫清貴学長は「極めて残念で、深くおわび申し上げる」とコメント。報酬の10%を3カ月間、自主返納する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ