PR

産経WEST 産経WEST

【話の肖像画】マンガ家・永井豪(74)(9)石油ショックでページ半減

漫画家の永井豪さん=魚眼レンズ使用(酒巻俊介撮影)
漫画家の永井豪さん=魚眼レンズ使用(酒巻俊介撮影)

 《「デビルマン」「マジンガーZ」とアニメ番組とのメディアミックス作品をヒットさせ、昭和48(1973)年に週刊少年チャンピオンに発表したのが「キューティーハニー」だ。美少女アンドロイド、如月(きさらぎ)ハニーの活躍を描く変身アクションでアニメとともに、映画化もされた》

 アニメ制作会社のプロデューサーから「得意なものをどうですか? エッチなあれを」と言われてまして…。「テレビだから制限あるんでしょ?」と答えたら、「変身ものなんかどう?」との提案でした。映画やドラマになった探偵もの「多羅尾伴内」シリーズの七変化がイメージにあったのかもしれません。女の子が主人公なら、ふつうに変身するのではつまらない。一瞬、裸が見え、あとから衣装がついてくる変身ならテレビアニメでも大丈夫かな、と思いました。主人公に色っぽい要素があれば、戦うたびにオッと目を見張ってくれるはず。敵のパンサークローも女性だらけにしました。男性向けに作ったつもりが女性ファンが多くついてくれたんです。一瞬でファッションを変えられるところがよかったのかな。

 《「ハニー」の前に週刊少年チャンピオンで連載していたのが「あばしり一家」。ハニーや、悪馬尻(あばしり)家の長女・菊の助が名前を変えて登場するのが、同年に始まった「バイオレンスジャック」。複数の永井作品のキャラクターや設定がパラレルワールドのように登場する「スターシステム」を大いに活用した》

 スターシステムは手塚治虫先生が早くから用いていた。それぞれのマンガのキャラクターを別の側面で描けないか、と常に考える。視点を変えて登場すれば、まったく違ったストーリーができあがるのではないか。「バイオレンスジャック」では各キャラクターが背負っている世界まで引っ張ってきて描きました。前の作品と、つながりを持たせられたらいいなと。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ