PR

産経WEST 産経WEST

【衝撃事件の核心】ネコ、カッパ…着ぐるみの選挙運動はどこまでOK?

ネコ型の着ぐるみ「にゃん太」と、にしゃんた氏(にゃん太のインスタグラムから)
ネコ型の着ぐるみ「にゃん太」と、にしゃんた氏(にゃん太のインスタグラムから)
その他の写真を見る(1/2枚)

 7月の参院選で、着ぐるみ姿で投票を呼びかけた運動員に報酬を支払ったなどとして、大阪府警捜査2課が8月、公職選挙法違反(事後買収など)容疑で、名古屋市の広告代理店や人材派遣会社の社員ら8人を書類送検した。ゆるキャラ人気の中、マスコットキャラクターを用意して親しみやすさをアピールする政党や政治家は増加。SNSなどでの拡散を狙い、選挙運動にマスコットの着ぐるみを使う陣営もみられるようになったが、着ぐるみによる選挙運動はどこまで許されるのか。

 7月中旬、大阪府松原市内の駅前で通行人らに握手を求める男性の傍らで、ネコ型の着ぐるみが子供たちと写真を撮っていた。男性は、参院選大阪選挙区に国民民主党から立候補し、落選したタレントのにしゃんた氏。着ぐるみは、同党大阪府連が制作したマスコット「にゃん太」だ。

 府連によると、にしゃんた氏が出馬表明したのは1月。府連は3月ごろ、党勢拡大のため、広告代理店にマスコットキャラクターの制作を依頼。提案されたのがにしゃんた氏と似た名前で、同じ水色をイメージカラーとするにゃん太だった。

 府連はにゃん太を5体準備し、参院選の公示前に党のPR役として起用。代理店側は着ぐるみに入る「中の人」の確保も請け負い、25人を用意した。府連は制作費など計数千万円を政治資金から支出したという。

報酬の有無が分かれ目

 ここまではあくまで党勢拡大の活動で、選挙運動ではないというのが府連の説明だ。公示後も中の人を確保するよう広告代理店に依頼していたが、公示後は無報酬で運動するように伝えていたという。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ