PR

産経WEST 産経WEST

台風直撃、首都圏混乱 1人死亡、けが人続出、送電線鉄塔や冷却塔も倒れる

台風15号の影響で倒れた宝くじ売り場=9日、東京都新宿区(萩原悠久人撮影)
台風15号の影響で倒れた宝くじ売り場=9日、東京都新宿区(萩原悠久人撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 首都圏は9日、台風15号が直撃し、週明けの通勤、通学が乱れ、市民生活が大きく混乱、企業活動にも影響した。JR在来線は始発から全線で「計画運休」となり、私鉄や地下鉄でも運休する路線があり、交通網が広範囲にストップした。東京都世田谷区で強風にあおられたとみられる50代女性が死亡、各地でけが人は30人以上。千葉県君津市では送電線の鉄塔、茨城県大洗町では日本原子力研究開発機構の冷却塔がいずれも倒れた。停電も90万軒以上、東京湾で船舶の漂流も相次いだ。

 台風15号は8日から9日にかけて関東を通過。9日午前5時前には千葉市付近に上陸した。関東南部では記録的な暴風となった。8日夜には伊豆諸島・神津島で最大瞬間風速58・1メートル、9日未明は千葉市57・5メートル、羽田空港43・2メートル、神奈川県三浦市41・7メートルを観測。それぞれの地点で観測史上の最高値を更新した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ