PR

産経WEST 産経WEST

兵庫の小2が切られ死亡 自らも負傷の母親関与か

 8日午前4時20分ごろ、兵庫県猪名川町木津東山の民家で、「娘が切られ出血している」と父親(44)から119番があった。小学2年の岩村樹里さん(7)が血を流して倒れているのが見つかり、まもなく死亡が確認された。自身も腹部を負傷して搬送された母親(43)が「自分が刺した」とほのめかしており、兵庫県警川西署は回復を待って事情を聴く。

 同署によると、この家は4人暮らしで、樹里さんと母親と一緒に2階で寝ていた長男(10)が血を流している樹里さんを発見。首には刺し傷があり、近くには血のついた文化包丁が落ちていた。室内に荒らされた形跡はなく、玄関は施錠されていたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ