PR

産経WEST 産経WEST

少数精鋭「安藤」「福士」「松田」 マラソン代表切符つかめるか

MGC出場予定者
MGC出場予定者

 2020年東京五輪で日の丸を背負って、42・195キロを走るのははたして誰か。マラソン五輪代表を決める「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」がいよいよ15日に迫ってきた。男女とも上位2人が五輪切符を手にする一発勝負のレース。日本のマラソン界にとって、かつてない緊張感に包まれた朝になるのは間違いない。レースは男子が午前8時50分、女子が同9時10分にスタート。五輪の夢舞台を目指し、多くの選手が決意のスタートラインに立つ。

 出場予定者は男子31人、女子12人。出場権獲得者の中から今秋の世界選手権(ドーハ)の代表に選ばれた男女各3人が辞退する形になり、とくに女子は少数精鋭のレースが展開されることになった。所属別ではワコールの3人が最多で、ダイハツ、天満屋、日本郵政グループが各2人。チーム内で切磋琢磨しながら、厳しい練習を積んできた。ダイハツの林清司監督が「松田瑞生と前田彩里でワンツーフィニッシュを目指したい」と話すように、2枚の切符をチームメートで独占する可能性も十分にある。

 女子は関西実業団陸上競技連盟(近畿2府4県と四国4県)に所属するチームの選手が多いのも特徴だ。岡山県に拠点を置く天満屋を含め、男子に比べると、勢力図は西日本に少し傾いている。

 男子は住友電工や大阪ガスなど短距離に力を入れている関西のチームは多いものの、長距離の選手層は決して厚くはない。陸上関係者の間では「男子の場合、箱根駅伝にあこがれ、有望な高校生の多くが首都圏の大学に進学する傾向が強い」と指摘する声があり、関西の実業団に選手が集まりづらい土壌がある。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ