PR

産経WEST 産経WEST

野生チンパンジーの顔をAIで個体識別 京大など

 人工知能(AI)の技術を使ってビデオ映像に映っている野生チンパンジーの顔を自動的に識別することに成功したと、京都大と英オックスフォード大の研究グループが5日、米科学誌「サイエンスアドバンシズ」電子版に発表した。技術を応用すれば、将来的にはチンパンジーの身ぶりや音声の自動識別も可能になるといい、これまでの記録映像を有効活用できる可能性が出てきたという。

 京大では1976年から西アフリカのギニアで野生チンパンジーを長期調査しており、これまでに撮影された大量の記録映像がアーカイブとして保存されている。

 研究グループは、2000~12年にかけて定点撮影した映像のうち、23個体を映した50時間の記録から約1千万枚の顔画像を解析。オックスフォード大が開発したディープラーニング(深層学習)を用いた顔認識技術でAIに各個体の顔と名前を学習させたところ、ビデオ映像上でチンパンジーの顔を自動的に識別し、92・5%の高い精度で個体を識別することに成功したという。この個体識別を用いることで、各個体が同時に映っている頻度に着目し、チンパンジーの社会の変化を客観的に把握することも可能になったという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ