PR

産経WEST 産経WEST

元町長の長男、県職員に転職し防災に奮闘 紀伊半島豪雨8年

和歌山県那智勝浦町の慰霊祭に参加した寺本圭太さん。地域のために働くことを誓った=4日午前1時2分(安元雄太撮影)
和歌山県那智勝浦町の慰霊祭に参加した寺本圭太さん。地域のために働くことを誓った=4日午前1時2分(安元雄太撮影)

 和歌山県那智勝浦町の慰霊祭には、豪雨で家族を亡くした元町長、寺本真一さん(66)の長男、圭太さん(30)の姿があった。当時、自身も被災しながら復興の陣頭指揮に立ち続けた父の姿に「自分も地域のために」と決意。一度は県外の企業に就職したが、昨年4月、同県庁に転職した。現在は国際課で、外国人観光客らが被災した場合の対応訓練の運営などに携わっている。(前川康二)

 圭太さんの実家は豪雨の土砂災害で流され、母の昌子さん=当時(51)=と姉の早希さん=当時(24)=が亡くなった。当時、東京の大学に通っていた圭太さんはバイクで数日かけて和歌山へ。役場では、妻と長女を失った真一さんが町長として気丈に復旧作業にあたり、被災者にねぎらいの言葉をかけていた。その姿に「強い人だな」と感銘を受けた。

 大学卒業後、米国留学などを経て民間企業に就職。北海道で働いていたが、高齢となった真一さんを気遣い、帰郷を決断。平成30年1月の真一さんの町長退任後に帰郷し、同年4月、同県庁に採用された。得意の英語力が生かせる国際課に配属された。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ