PR

産経WEST 産経WEST

「レベル4」は北国から 厳しい環境、自動運転に最適

実証実験ですれ違う自動運転のカート=8月、福井県永平寺町
実証実験ですれ違う自動運転のカート=8月、福井県永平寺町
その他の写真を見る(1/4枚)

 国が来年の実用化を目指している車の「自動運転」。その実証実験が、曹洞宗大本山永平寺(福井県永平寺町)につながる遊歩道で行われている。ゴルフ場のカートを使い、6月から6カ月間の長期間運用で実用化に向けた課題点を検証するが、なぜ、この道で実証実験が行われるのか。キーワードは「過疎化」と「枯れた技術」だ。

6カ月間の長期運用

 カチャッ、カチカチッ、カチャッ-。カートのハンドルが小刻みに動く。運転席の女性の手はハンドルには触れず、その下のレバーをつかんでいる。8月上旬、福井県永平寺町の遊歩道「永平寺参(まい)ろーど」を自動運転のカートが走り抜けた。

 実証実験は6月24日~12月20日の6カ月間という長期に及ぶ。全長約6キロのうち、国道をまたぐ場所で2区間に分けて運行し、永平寺の門前町まで続く約2キロの区間を往復する。乗車は無料だ。

 国の事業として産業技術総合研究所が中心に実施。昨秋には1カ月にわたり、運転手が乗らずに運行を遠隔監視する世界初の検証が行われた。自動運転の技術レベルを5段階に分けたうち、上から2番目のレベル4(高度自動運転)に相当する内容だ。

 今回はレベル2(部分的自動運転)での走行だが、運転手がするのは安全を確認して発進させる程度で、それ以外はほぼ自動。取材時、視察に訪れたという自動車保険会社の女性社員は「今後、自動運転が浸透すれば、保険のあり方も変わる」と話し、注目度の高さをうかがわせた。

自動運転のカートはハンドルも自動に動いていた=8月、福井県永平寺町
自動運転のカートはハンドルも自動に動いていた=8月、福井県永平寺町
その他の写真を見る(2/4枚)

参拝列車の廃線跡を活用

 実験が行われている永平寺参ろーどは、京福電鉄永平寺線の跡地。永平寺鉄道(後に合併)が参拝列車として大正14(1925)年に開業したのが始まりだが、戦後、モータリゼーション(車社会化)で参拝客がバスやマイカーに奪われて路線の経営が悪化。平成14年に廃線に至った。

 その後、地元の永平寺町は、廃線跡を遊歩道として整備。そして28年から、県とともに国の地方創生拠点整備交付金を活用し、道の拡幅など自動運転の実験場として活用できる環境を整えた。同町によると、沿道の人口は27年で2828人と、5年前から200人近く減り、過疎化が進んでいる。そこで「自動運転技術で、どんな交通サービスが可能なのか実現性も含め検証」(町の担当者)するため実験場化に踏み切った。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ