PR

産経WEST 産経WEST

NTT西、本社移転を表明 京橋へ2年後に新ビル

記者会見するNTT西日本の小林充佳社長=26日午後、大阪市
記者会見するNTT西日本の小林充佳社長=26日午後、大阪市

 NTT西日本の小林充佳社長は26日、記者団に対し、大阪市都島区の京橋駅北側へ新たに建設するビルへ本社を移転する方針を正式表明した。新本社ビルは地上12階、地下1階建てで、今年11月に着工し、令和3年10月完成を見込む。翌年1月から稼働する見通し。

 新本社を建設する社有地の敷地内には、すでに複数のグループ企業の本社や研修施設がある。NTT西は拠点の集約を通じて企業間連携や技術交流、業務効率化などを進め、新事業創出を目指す考えだ。

 一方、大阪城公園の南側に建つ現本社ビル(同市中央区馬場町)は、NTT西を中心に再開発を検討している。詳細は今後詰めるが、小林氏は「大阪の発展に寄与する形を考えたい。2025年大阪・関西万博や、統合型リゾート施設(IR)の大阪誘致などもあるなか、(再開発は)ホテルなど観光分野になる可能性もある」と話した。

 一方、NTT西は26日に記者会見を開き、JR大阪駅北側の大型複合施設「グランフロント大阪」(大阪市北区)に、企業のIT化を支援する専用拠点「LINKSPARK(リンクスパーク)」を開設したと発表した。

 顧客企業は、NTT西の技術者や最新設備を活用して、人工知能(AI)を活用した新サービスの開発などを行えるという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ