PR

産経WEST 産経WEST

ため池、危険箇所から観光名所に 大阪・熊取

「協力者みんなに、関わってよかったと思ってもらえたらうれしい」と話す中島英子さん=大阪府熊取町の長池オアシス
「協力者みんなに、関わってよかったと思ってもらえたらうれしい」と話す中島英子さん=大阪府熊取町の長池オアシス
その他の写真を見る(1/3枚)

 災害時の決壊や水難事故により危険箇所として敬遠されがちな農業用のため池を憩いの場として活用する取り組みが、大阪府熊取町で20年目を迎える。ため池の名は「長池オアシス」。荒廃ぶりに危機感をもった地域住民たちが、夏にハスの花が咲き誇る名所として再生させた。たゆまぬ努力と工夫で維持管理を続けている。(北村博子)

■事件が転機

 長池オアシスは近接し合う長池、下池、弥沢池の3つで構成され、敷地面積は甲子園球場とほぼ同じ約3・82ヘクタール。散歩やジョギングのコースとなっており、朝夕を中心に1日約300人が訪れる。泉州地域に古くからある白い花のハスや、長池生まれの新種「長池妃(ひ)蓮(れん)」などを栽培し、知る人ぞ知る観光スポットになっている。

 かつては草が生い茂り、犬の糞(ふん)やゴミが絶えないさびれた場所だった。平成12年11月、府のため池再生事業「オアシス構想」に基づいて一帯が整備され、多少は環境が改善されたものの、次第に衰退していく。

 そうした中で15年5月、地域に衝撃が走った。当時小学4年だった同町の吉川友梨さん(25)が、下校中に行方不明になる事件が発生したのだ。

 長池オアシス管理会の副会長、中島英子さん(75)は「本当にショックで、人ごととは思えませんでした。子供を安心して育てられる環境づくりの必要性を、町のだれもが実感しました」と話す。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ