PR

産経WEST 産経WEST

平成関西サブカル史(5)NMB48結成の裏でご当地アイドルの可能性を見いだす(平成22年10月)

NMB48が活動を始める直前に結成されたOSAKA BB WAVE=平成22年8月、大阪市西区
NMB48が活動を始める直前に結成されたOSAKA BB WAVE=平成22年8月、大阪市西区
その他の写真を見る(1/3枚)

 イラストレーター、いとうのいぢさんが描いたイメージキャラクター「音々(ねおん)」と、大阪・日本橋をアピールする「大阪萌え大使」。2次元と3次元の“日本橋の顔”が注目を集めはじめた平成22年7月、「NMB48結成」というニュースが関西を駆けめぐった。

「桜」妹分「つぼみ」はどうなる?

 当時の関西芸能界は吉本興業と松竹芸能(いずれも大阪市中央区)の二大お笑い芸能事務所に所属するタレントらが、関西発のテレビ番組やラジオ番組に出演。関西メディアを席巻していた。発表当時、NMB48運営事務局はよしもとクリエイティブ・エージェンシー内に置かれ、吉本興業とは別組織という立ち位置ながらも、吉本興業の全面的なバックアップを得ていた。

 このとき、レギュラー出演していたラジオ大阪「もえもえポンバシ系」のメインパーソナリティーでお笑いコンビ「天津」の向清太朗さん(39)との間で話題になったのが「『つぼみ(現・つぼみ大革命)』はどうなる」だった。

 つぼみは、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属する女性タレントらで22年4月に結成。お笑いコンビ「桜」の稲垣早希さん(35)が深夜番組出演で大ブレークしたことから、「稲垣さんに続く女性タレントを発掘しよう」と、桜の妹分という位置付けで売り出そうとしていた矢先の出来事だった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ