PR

産経WEST 産経WEST

陰陽道の呪符記号? 土器に記された「井」文字の謎

平安時代の貴族邸内の井戸から出土した「井」の字が墨書された土師器の椀(古代文化調査会提供)
平安時代の貴族邸内の井戸から出土した「井」の字が墨書された土師器の椀(古代文化調査会提供)
その他の写真を見る(1/3枚)

 平安時代の10世紀前半ごろに廃棄された平安京の貴族邸(京都市右京区西院南寿町)内の井戸の底から、「井」と墨書された土師器(はじき)の椀(わん)が見つかった。調査した民間調査団体「古代文化調査会」(神戸市)は、呪符(じゅふ)記号による祭祀(さいし)の跡とみている。当時の貴族が行っていた陰陽道(おんみょうどう)を含む除災・祭祀のやり方を具体的にうかがわせた貴重な遺構という。(園田和洋)

 マンション建設に伴い「平安京右京六条三坊二町跡」の一部にあたる475平方メートルを調査し、4棟分の建物跡が出土した。比較的身分の高い貴族邸とみられ、一緒に出た土器や瓦から9世紀前半から約100年間営まれていたことがわかった。

 「井」の墨書椀は、調査地の東端の井戸の底から出土した。椀は直径13・6センチ、高さ2・6センチで、文字は外側の底の中央に書かれていた。椀の上には長辺約25センチの平たい石が数個置かれ、その上にさらに2枚の皿が載せられていた。

 「井」の墨書土器は平城京や長岡京の道路側溝などでも出土し、後の陰陽道でみられる「ドーマン」につながる呪符記号とみられるという。ドーマンは除災・戦勝を祈願するため、横線5本、縦線4本を交錯させて記号化したもの。

 この周辺は、近くを流れる西堀川がたびたび氾濫を起こして湿地化。それとともに疫病が流行した10世紀前半に今回の貴族邸も放棄され、井戸も閉じたとみられる。井戸の底から皿と石がセットで出土したことは、井戸を閉じる際に祭祀が行われていたことを示すとみられている。同調査会は「井戸の中から『井』の墨書土器が出るのは珍しく、除災の呪符記号が入ったことで目的がより鮮明になった」と説明する。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ