PR

産経WEST 産経WEST

【ラグビーW杯】ビールが売り切れる? “強豪国”が続々来日へ

 9月20日に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)まで1カ月。試合会場となる12都市を中心に準備が進むが、意外にも備えが欠かせないのがビールだ。1人当たりの消費量が日本の倍以上のアイルランドなど、ラグビーが盛んな国ではビールを片手に試合を楽しむのが一般的。過去には開催地でビールの売り切れが続出した例もあり、大会組織委員会は周辺の飲食店に多めの仕入れを呼びかけるなど、入念な準備が進められている。(鈴木俊輔)

 「ラグビーにビールはつきものなんですよ」

 日本代表として世界を遠征し、日本人初の国際ラグビー殿堂入りを果たした「レジェンド」の坂田好弘さん(76)は笑う。国際試合ではビールを手にするファンの姿が多く、「代表の試合でも地元の小さなクラブの試合でも、試合前から試合後までビールを飲みながら楽しむ。それが文化です」。

 因果関係は不明だが、ラグビーが盛んな国は、ビールの消費量が多い。キリンホールディングスの調査では、2017年の1人あたりのビール消費量は、日本が40・1リットルなのに対し、今大会で対戦するアイルランド(ラグビー世界ランキング3位)は倍以上の94・9リットル。ニュージーランド(同1位)が65・4リットル、オーストラリア(同6位)が71・2リットルなど、ラグビー強豪国は日本を大きく上回る。15年のイングランド大会では期間中、一般的な中ジョッキで400万杯以上にあたる計190万リットルのビールが飲まれた。

 試合会場のビールは、スポンサーのビール大手「ハイネケン」が独占販売。売り上げを同会場で比較すると、サッカーの試合の6倍以上になるというデータもあり、国内でハイネケンを製造・販売するキリンビールは、大会期間中のハイネケンの販売目標を前年比の7割増に設定。6月から缶や瓶のデザインをW杯仕様に変え、盛り上げにも一役買う。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ