PR

産経WEST 産経WEST

薬師寺管主に加藤師就任 奈良

仏前で鍵を引き継ぐ加藤朝胤師(右)=奈良市の薬師寺
仏前で鍵を引き継ぐ加藤朝胤師(右)=奈良市の薬師寺

 法相(ほっそう)宗大本山・薬師寺(奈良市)で16日、「印鑰(いんやく)継承法要」が営まれ、新しい管主(かんす、住職)に執事長だった加藤朝胤(ちょういん)師(69)が就任した。

 この日午前8時半から、薬師三尊像(国宝)が安置された金堂で法要が営まれ、加藤師が寺の印と鍵を引き継いだ。

 加藤師は薬師寺執事などを経て、平成24年8月から執事長に。前管主が昨年5月に辞任したため管主を代務していた。

 法要後、加藤師は「一丸となって1300年の歴史ある薬師寺の名を汚さないよう頑張っていきたい。宗教者としてみなさまが幸せになる手伝いをしたい」と抱負を述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ