PR

産経WEST 産経WEST

ひこにゃん屋内待機、遊覧船も欠航 滋賀

観光船の窓口が閉じられ、人気のない大津港=15日午後5時、大津市
観光船の窓口が閉じられ、人気のない大津港=15日午後5時、大津市

 大型の台風10号は15日昼以降、広島県に上陸するなど西日本に接近し、滋賀県内でも、イベントが中止されたり、観光船が欠航になったりした。

 県内の雨、風は15日午前から次第に強まり、同11時前には県内全域に大雨警報が発令された。終戦の日に合わせた県護国神社(彦根市)の「みたま祭」が延期になったほか、県平和祈念館(東近江市)でのイベントが中止になるなど、関連イベントの中止や規模縮小が相次いだ。

 強風によるけが人が相次いだ。長浜市で雨戸を閉めようと外に出た90代の男性が風にあおられて転倒、後頭部を打撲する軽傷を負ったほか、自転車で走行していた70代女性も強風で転倒し、首に軽いけがをした。

 交通機関も乱れが生じ、JR湖西線や北陸線の一部などで運転見合わせとなった。信楽高原鉄道も夕方から運転を取りやめた。

 また、びわ湖バレイ(大津市)や「ラ コリーナ近江八幡」(近江八幡市)といった観光スポットも営業を中止。比叡山延暦寺も臨時閉堂となった。彦根市の人気キャラクター「ひこにゃん」は彦根城でのパフォーマンスを取りやめた。

 琵琶湖で観光船を運航する琵琶湖汽船はミシガン、ビアンカなどの運航を終日見合わせた。お盆期間中にも関わらず、閑散とした大津港には、券売所窓口のシャッターに欠航を知らせる張り紙が貼られていた。16日の運航について、担当者は「状況を注視して、昼過ぎごろに再開できれば」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ