PR

産経WEST 産経WEST

【エンタメよもやま話】新型AIがヒトの脳になる 米マイクロソフトが1000億円を投資した驚愕の事業とは

「汎用人工知能(AGI)」の本格開発で、ソフトバンク社の人型ロボット「Pepper(ペッパー)」も将来、より人間に近い考えや行動を起こすかも知れない…
「汎用人工知能(AGI)」の本格開発で、ソフトバンク社の人型ロボット「Pepper(ペッパー)」も将来、より人間に近い考えや行動を起こすかも知れない…

 今週ご紹介するエンターテインメントは、久々となるAI(人工知能)関連のお話です。

 2016年2月29日付の産経ニュースでの本コラム「グーグルも開発…子育て、老人の友、性欲ラブドール『AIロボットと結婚する時代!』英の学者に欧米が注目」でご紹介したように、欧米では約3年半前から、将来、AIを搭載したロボットは限りなく人間に近づき、友人や仲間になるだけでなく、人間に極めて近い進化を遂げたAIロボットと人間が結婚する例が出てくるとの見方が出始めていました。

 「そんなアホな~」と思った方も多いと思いますが、実はいま、欧米では、そんな未来が一気に現実化する計画が明らかになり、物議を醸しているのです。今回の本コラムでは、その計画などについて詳しく説明いたします。

◇   ◇

 このニュースに接し「ついに時代はここまで来たか」と驚いてしまいました。

 米宇宙開発ベンチャー、スペースXの創業者兼CEO(最高経営責任者)や米テスラのCEOをつとめる起業家イーロン・マスク氏(48)が2015年に設立したAI(人工知能)研究所「Open(オープン)AI」に、米IT(情報技術)大手のマイクロソフト社が10億ドル、日本円にして約1000億円を投資すると発表したのです。

 7月22日付の米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)や米金融経済系通信社ブルームバーグ、翌23日付の英紙インディペンデント(電子版)など欧米の主要メディアが報じているのですが、この研究所が研究・開発に取り組んでいるのは、ただのAIではありません。いまのAIよりはるかに進んだ「汎用人工知能(Artificial General Intelligence=AGI)」の本格開発に取り組むのです。

 いまのAIと言えば、自宅の家電を操作したり、ネット通販で買い物できたりする米アマゾン・ドット・コムのスマートスピーカー「アマゾン・エコー」が搭載している「音声認識AI」が有名なのですが、「汎用人工知能(AGI)」は、人間の認知能力に匹敵する能力を誇り、あらゆる事柄や局面において、適切な対応や答えを導き出すのです。「アマゾン・エコー」などに搭載されている「音声認識AI」は、利用者が投げかけた問いかけや要求をデータとして蓄積し、それを基に適切な答えを導き出すわけですが、「汎用人工知能(AGI)」は過去の事例といったデータの蓄積に頼らず、人間のように自立的に物事を考えたり、先行きを推測したりするのです。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ