PR

産経WEST 産経WEST

台風10号直撃、各地で猛威 看板落下、観光地は閑散

 台風10号が直撃した西日本では15日、暴風雨が各地で猛威を振るい、大型の看板が落下したり、落石が道をふさいだりする被害が相次いだ。観光地では臨時休業する店舗が相次ぎ、お盆シーズンにもかかわらず閑散としていた。

 高知市の国道沿いにあるインターネットカフェでは、駐車場に設置された縦5メートル、横3・6メートルほどの看板が約7メートルの高さから落下。徳島県つるぎ町では大量の落石が山あいの県道をふさいで通行止めに。広島市西区でも強風が高さ約10メートルの街路樹をなぎ倒した。

 世界遺産・厳島神社がある宮島(広島県廿日市市)では、15日の始発から島と本州を結ぶフェリーが欠航し、土産物店や飲食店が軒並み臨時休業した。

 道後温泉の商店街でも臨時休業する店が見られた。老舗団子店「つぼや菓子舗」の店主、相原美香さん(50)は「早めに旅行を切り上げた人も多かったのではないか。お盆の時期はいつも混雑するのに」と残念がった。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ