PR

産経WEST 産経WEST

幻想的な灯りに 奈良・春日大社で中元万燈籠

燈籠に火がともされ幻想的な雰囲気に包まれた春日大社=14日午後、奈良市(恵守乾撮影)
燈籠に火がともされ幻想的な雰囲気に包まれた春日大社=14日午後、奈良市(恵守乾撮影)

 奈良市の世界遺産・春日大社で14日夜、約3000基の燈籠(とうろう)に火をともすお盆の伝統行事「中元万(ちゅうげんまん)燈籠」が行われ、境内は幻想的な明かりに包まれた。

 古くは平安時代から貴族や武士、庶民ら崇敬者が燈籠を奉納。境内には石燈籠約2000基、釣燈籠約千基があり、節分と盆に万燈籠は行われている。

 本殿前や回廊、参道の燈籠に火が入れられると、釣燈籠の精緻な透かし彫りが暗い境内に浮かび上がった。15日は台風10号の影響で中止となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ