PR

産経WEST 産経WEST

硫黄島からの手紙 五輪に描く父の姿

父、達吾さんが母、輝子さんにあてた手紙を読む河石達雄さん=兵庫県尼崎市
父、達吾さんが母、輝子さんにあてた手紙を読む河石達雄さん=兵庫県尼崎市
その他の写真を見る(1/2枚)

 第二次大戦の激戦地、硫黄(いおう)島(東京都)から届いた6通の手紙がある。差出人は、1932年に開かれた米ロサンゼルス五輪の競泳男子100メートル自由形の銀メダリスト、河石(かわいし)達吾。身重の妻を残して出征した男が記した文面からは、まだ見ぬ息子への愛情があふれていた。15日は74回目の「終戦の日」。息子は33歳で戦死した父の年齢をはるかに超えた。2020年東京五輪を控えて徐々に盛り上がる熱気のなかで、息子は若かりしころの父の姿を思い描こうとしている。(江森梓)

 《其後は如何(いかが)。達雄も元気でないて居(い)ますか。(略)達雄は宝であると同時に生まれたと言ふそのことだけで随分(ずいぶん)親爺(おやじ)にあれこれ考へさせ楽しませて呉(く)れる。有り難いことだ。達雄万々歳だ》

 昭和19年12月30日、硫黄島にいた河石が神戸で暮らす妻、輝子さん(1917~91年)へあてた手紙だ。

 「おやじも親ばかなところがあったんだなあ」。河石の長男、達雄さん(74)=兵庫県尼崎市=は色あせた便箋(びんせん)を見ながら静かに笑う。

 河石は身重だった輝子さんを残して出征。手紙が書かれた約3週間前に一人息子の達雄さんが誕生した。大戦末期、硫黄島では米軍を迎え撃つ準備を進め、緊張感に包まれていたさなか。手紙にはそうした様子は全く記されず、輝子さんと達雄さんを気づかう内容ばかりだった。

 輝子さんも複数回にわたり、硫黄島の夫へ手紙をしたためていた。20年2月にはこう夫をおもんぱかった。

 《どうかゝ一日も早く御無事で御還り下さいますやうにとそればかり祈り願ってゐます。達雄も父ちゃんが側に居て下すったらどんなに幸福でせう》

 同月中旬、米軍が硫黄島に上陸。輝子さんのこの手紙は、「あて先不明」として返送されてきた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ