PR

産経WEST 産経WEST

戦死兵士の日章旗返還 福井の遺族「心から感謝」

福井県大野市の石山志保市長(左)に日章旗の返還を報告する遺族の石田治さん=14日午前
福井県大野市の石山志保市長(左)に日章旗の返還を報告する遺族の石田治さん=14日午前

 太平洋戦争中の昭和20年にインドネシア・ビアク島で戦死した福井県大野市出身の石田五十三さん=当時(31)=が現地へ持参した日章旗が14日、返還されたと遺族が明らかにした。長男の治さん(78)は市役所で石山志保市長に旗を見せ、「戦後74年たって遺品が戻ってきたことに驚いている。橋渡しをしてくれた方々に心から感謝したい」と返還を報告。旗には「義勇奉公」などと親族らからの寄せ書きが記されていた。

 ビアク島には19年末に出征したが、遺骨は見つかっていない。治さんは「これで父を身近に感じられる」と語った。

 日章旗は元米軍医が戦地から持ち帰り、息子のティム・マンさんが譲り受けた。遺品の返還活動をしている米NPO「OBON(オボン)ソサエティ」から日本遺族会に連絡があり、大野市遺族連合会が調査。遺族の要望を受け、7月末に返還された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ