PR

産経WEST 産経WEST

履正社、強打だけじゃない エース清水が143球の完投

津田学園戦で完投した履正社・清水=甲子園
津田学園戦で完投した履正社・清水=甲子園
その他の写真を見る(1/2枚)

 履正社(大阪)が津田学園(三重)を7-3で下して、3回戦に進んだ。143球を投じた履正社のエース清水が3失点で完投。好調な打線の7得点の援護を受け、「野手が大量点を取ってくれるので安心して投げられた」と清水。強打が注目されがちなチームにあって、先発を任せられる背番号1の存在も大きい。

 霞ケ浦との1回戦は8三振を奪いながら、5失点で六回途中降板。走者を背負うと、打者を抑えようと焦ったことが「投げ急いでしまう」(清水)反省となった。

 だが、この日は「要所を締めていけば野手が点を取ってくれる」と打線への信頼もあり、肩の力が抜けていた。九回の最後の打者を141キロの直球で三振に仕留めるなど最後まで球威も衰えなかった。ベンチではゼリー飲料を補給し、熱中症対策も万全で、岡田監督も「初戦は力みがあったが修正し、ましになった」と及第点を与えた。

 それでも、「理想じゃない。投げ急いでいた」と清水の自己採点は50点。捕手の野口も「直球の走りが悪かったのでそれぐらい」と清水の点数に納得の表情。バッテリー間で採点が同じなのは、信頼関係が築けている証しだろう。

 完投勝利を挙げてもなお、高みを目指す履正社のエースは「夏は気持ち(が大事)だと思う。気持ちで投げたい」。頼もしい言葉を発し、次戦の登板をにらんだ。(岡野祐己)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ