PR

産経WEST 産経WEST

敗退の津田学園・佐川監督「1球で仕留められた」

第101回全国高校野球 津田学園(三重)-履正社(大阪) 3回 履正社・桃谷惟吹に2点適時打を許した津田学園・前佑囲斗。後ろは生還した履正社・野上聖喜=13日、甲子園球場(沢野貴信撮影)
第101回全国高校野球 津田学園(三重)-履正社(大阪) 3回 履正社・桃谷惟吹に2点適時打を許した津田学園・前佑囲斗。後ろは生還した履正社・野上聖喜=13日、甲子園球場(沢野貴信撮影)

 ■履正社・岡田監督「清水は初戦(六回途中5失点)のこともあり、最後まで投げさせるつもりだった」

 ■同・野口主将「1回戦よりも落ち着いてできた。前君を打ち崩せば勝てると思っていた」

 ■津田学園・佐川監督「(相手打線に)失投を逃さず1球で仕留められた。想像をさらに上回っていた。これが本当の全国レベルと感じた」

 ■同・石川主将「序盤に打たれても、諦めずに1点ずつと思っていた。いいピッチャーがいるのに野手が打てなくて申し訳ない」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ