PR

産経WEST 産経WEST

渋野日向子、レディー・ガガも照準?米マリオットが仕掛ける新世代ホテル

 東京や京都でライフスタイル型ホテルを展開するグローバルエージェンツ(東京都渋谷区)の山崎剛社長は「万人に受けずともターゲット層に訴求できるホテルが勝てる時代になった」と述べ、令和4年までに国内外で計30棟を運営する目標を掲げる。

 「世界中から人と情報と機会が集まる場」。こんなコンセプトを掲げるのは、グローバルエージェンツが大阪市中央区で8月17日に開業を予定する「ザ ライブリー」。ホテルはもはや、体を休めるだけの宿ではなくなっている。

◆  ◆  ◆

ライフスタイル型、「ブティックホテル」が発祥

 「モクシー大阪本町」の宿泊料金は1泊1万5千~2万円前後。周辺のビジネスホテルと変わらないか、もしくはやや高めだ。東京都内ではライフスタイル型の1泊料金が、老舗高級ホテルを超えることもあり、いわゆる低価格ホテルとは異なる。一般的にフルサービス型の営業利益率が20~30%なのに対し、ライフスタイル型は40~50%とされる。ライフスタイル型は、斬新なデザインに特化し、デザイナーズホテルなどと呼ばれる「ブティックホテル」がルーツとされる。米モーガンズ・ホテルグループの創立者、イアン・シュレーガー氏が米ニューヨークで1984年に開業した「モーガンズニューヨーク」がブティックホテルの先駆けとされる。 

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ