PR

産経WEST 産経WEST

公衆トイレに命名権 JR高松駅前

ネーミングライツ事業者を募集する公衆トイレ(高松市提供)
ネーミングライツ事業者を募集する公衆トイレ(高松市提供)

 高松市は、JR高松駅前にある公衆トイレに愛称をつけることを決め、ネーミングライツ(命名権)事業者の募集を9月に行う。同市がネーミングライツを導入するのは、屋島レクザムフィールド(高松市屋島競技場)に続いて2例目。

 対象となるのは、市高松駅前広場公衆便所(高松市浜ノ町)。9月2日から30日まで、年10万円以上、来年4月から3年間の条件で法人を対象に募集する。審査の結果、命名権者に決定すると、愛称を命名できるほかトイレに愛称名の看板を設置できる。

 高松市の大西秀人市長は定例記者会見で「市の財産を活用して新たな歳入を確保し、地域経済の活性化やイメージアップを図りたい」と話した。

 問い合わせは市環境施設対策課(087・885・2810)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ