PR

産経WEST 産経WEST

【東京への「切り札」(5)】最年少五輪への扉を開く高難度「109C」 高飛び込みの12歳・玉井陸斗

 玉井は今年12月31日時点で「14歳以上」という国際水泳連盟の年齢制限により、五輪代表選考を兼ねた世界選手権と9月にマレーシアで開かれるアジア杯に出場できない。五輪代表をつかむチャンスはたった一度、来年4月のワールドカップ(W杯)。そこで18位以内に入らねばならない。「いつも通りにやれば入れると思う。いつもと違う緊張感に負けないようにしたい」。一発勝負に強いという勝負度胸で、夢をつかみとってみせる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ