PR

産経WEST 産経WEST

関東第一、乱打戦制し4年ぶり初戦突破 オコエの積極野球を継承

日本文理を破り、応援席へ駆けだす関東第一ナイン=甲子園
日本文理を破り、応援席へ駆けだす関東第一ナイン=甲子園

 先制されても、逆転されても、自分たちの野球を見失わなかった。関東第一がシーソーゲームを10-6で制し、4年ぶりの初戦突破。米沢監督は「打たれるのは覚悟していた。よく打ち返してくれた」。粘りが持ち味の日本文理を振り切り、手応えの大きい1勝となった。

 4番のバットがチームに勇気を与えた。2点を追う三回、平泉が3ボールからの4球目の直球をバックスクリーンに運ぶソロ本塁打で攻撃の口火を切った。「自分が打つことで流れが来る。甘く入ると思ったので思い切って振った」。平泉は再逆転された後の四回にも同点に追い付く適時三塁打。続く野口の勝ち越し打につなげた。

 4年前の夏、チームはオコエ瑠偉(現楽天)を擁して4強入り。平泉もその攻撃的な野球にあこがれ、関東第一に進学した。「オコエさんの積極的に打っていくところは受け継いでいると思う」と強調する。

 六回に貴重な追加点となる適時打を放った主将の渋谷も「初球のまっすぐを狙ってやろうと思っていた」と笑顔で汗をぬぐった。米沢監督は15安打10得点の攻撃に目を細めながら「甲子園で一つ勝てば、また勢いが出てくる」。4年前の快進撃の再現も、可能性は十分にある。(丸山和郎)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ