PR

産経WEST 産経WEST

元市部長ら起訴内容認める 滋賀・湖南市

 滋賀県湖南市発注の市立小学校の空調設備工事の一般競争入札をめぐって入札情報を業者に漏らすなどしたとして、官製談合防止法違反や公契約関係競売入札妨害の罪に問われた元市建設経済部長、望月敬吾被告(61)と同市の配管工事会社「奥村設備」の代表取締役、奥村増一被告(72)、同社社員、坂本浩治被告(49)の初公判が9日、大津地裁(高橋孝治裁判官)で開かれた。3被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 検察側は冒頭陳述で「他社が市発注工事に参入したことなどから落札が難しくなり、赤字経営に陥った。奥村被告は他社も設計金額などの秘密情報を聞き出していると考え、市の担当者らから入札情報を聞き出すよう坂本被告に指示した」と指摘。坂本被告が同じ地区に住む知り合いで、市の入札などを審査する「建設工事等契約審査会」の委員を兼務していた望月被告に入札情報の漏(ろう)洩(えい)を依頼。望月被告が工事の契約審査会で設計金額の上から3桁をメモし、それを電話で聞いた坂本被告が入札金額をシミュレーションした一覧表を作成していたなどと不正入札の手口を説明した。

 起訴状によると、3被告は共謀し、昨年5月と今年4月に行われた同市立小学校の空調設備工事の一般競争入札をめぐり、望月被告が複数回にわたり、坂本被告に秘密事項である工事のおおまかな設計金額を電話で漏洩。最低制限価格に近い金額で奥村設備に工事を落札させ、公正な入札を妨害したなどとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ