PR

産経WEST 産経WEST

車内さわやか パナの「ナノイーX」、京阪電鉄「プレミアムカー」に 

京阪電鉄の「プレミアムカー」に設置されたナノイーXの発生装置=9日、大阪府寝屋川市
京阪電鉄の「プレミアムカー」に設置されたナノイーXの発生装置=9日、大阪府寝屋川市

 パナソニックは9日、除菌・脱臭に効果があるとされる独自開発の微粒子イオン「ナノイーX」の発生装置を京阪電気鉄道に納入したと発表した。京阪電鉄は設置が完了した一部の有料特急車両「プレミアムカー」を10日から運行する。年内にプレミアムカーの全10車両に順次設置していく予定。パナソニックによると、ナノイーXが鉄道車両に搭載されるのは初めて。

 ナノイーXは、パナソニックが平成15年以降に自社の家電などに搭載している「ナノイー」の微粒子イオンの発生量を10倍に高めた技術。13種類の花粉に効果を発揮するほか、焼き肉の臭いも除去できるとされ、28年以降に加湿空気清浄機やエアコンなど10製品に搭載された。

 プレミアムカーには29年8月の運行開始時からナノイーの発生装置が導入されていたが、京阪電鉄はワンランク上の移動空間を提供するため、より高性能なナノイーXへの入れ替えを決めた。ナノイーXの発生装置は、パナソニックとJR東日本テクノロジーが共同で開発したという。

 パナソニックは他の鉄道会社にもナノイーXの発生装置を売り込んでいく考え。ナノイーに関してはすでに9社に納入実績があり、JR東日本の山手線「E235系」やJR九州のクルーズトレイン「ななつ星in九州」などで採用されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ