PR

産経WEST 産経WEST

【一聞百見】一主婦の華麗な転身 日本の伝統芸能を世界へ 芸術文化プロデューサー・西尾智子さん(68)

「能は一般的にはまだまだマイナー。でも、こんなすごい芸術だということをもっとみなさんに知っていただきたい」と話す西尾智子さん=大阪市北区(南雲都撮影)
「能は一般的にはまだまだマイナー。でも、こんなすごい芸術だということをもっとみなさんに知っていただきたい」と話す西尾智子さん=大阪市北区(南雲都撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 ひとりの専業主婦の華麗な転身といっていいだろう。関西を拠点に、芸術文化プロデューサーとして、能楽をはじめ、狂言やバレエの舞台など幅広く制作、伝統芸能の振興に尽力している。そもそも西尾さんは学生結婚をして3人の男の子をもうけ、妻、母として家族中心の生活をしていた。だが、30代から突然、バレエ界のスター、熊川哲也さんをはじめ、能楽観世流シテ方の人間国宝、梅若実玄祥(うめわか・みのるげんしょう)さんらのプロデュースをするように。「夢は実現するもの」と語る西尾さんのしなやかな剛腕ぶりとは-。(聞き手 編集委員・亀岡典子)

■新作能は悲劇のフランス王妃

 「今度、すごくおもしろいことやるのよ。誰もやっていないことよ」。西尾さんからの電話はいつもそんなふうに始まる。電話の向こうの声は華やかに弾んでいて、こちらもついワクワクする。次は、どんな斬新な舞台が生まれるのだろうかと。

 西尾さんがいままさに取り組んでいるのは、今秋、パリで行う新作能の公演の制作。フランス革命で断頭台の露と消えた悲劇の王妃マリー・アントワネットの数奇な運命を描いた現代能「薔薇に魅せられた王妃-マリー・アントワネット-」を、アントワネットが生きたフランスで上演しようという企画で、観世流シテ方の人間国宝、梅若実玄祥さんが主演する。

 西尾さんはキャストの出演交渉から劇場との打ち合わせ、スポンサー集めまで、パリ公演実現のために奔走する日々だ。「確かに大変なことばかり。でも、(梅若)先生が熱望している公演だからこそ、先生をなんとしてもパリにお連れしたい。それに、フランスの人たちが、日本の伝統芸能、能で描かれたアントワネットをどう感じるか、私自身もすごく興味があるんです」

 現在、プロデューサーとしての活動の大部分は、梅若実玄祥さんと二人三脚で行っている公演である。2人の共同作業は、平成27年、ギリシャの野外円形劇場で、古代ギリシャの長編叙事詩を原作にした新作能「冥府行(めいふこう)-ネキア-」の上演を実現させた。ギリシャ人演出家を迎えての公演は、舞台芸術に対する考え方の違いからくる衝突もあり困難の連続だった。だが西尾さんは両者の間に立って話し合いを重ね舞台を実現していった。西尾さんを突き動かしているのは、梅若実玄祥という日本を代表する能楽師の芸に対する尊敬の念であり、もう一つは、自身のあくなき好奇心であろう。

 もともと専業主婦だった。医師の妻として、3人の男の子の母として、忙しい暮らしを送っていた。興行の世界に関してはまったくの素人だった。「私の周りに有名人はひとりもいませんでした」。それがなぜ、一流アーティストの信頼を得てプロデュースをするようになったのか。

 「そうね。まさに当たって砕けろ、の精神ですね。機会は自分で作るんです」

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ