PR

産経WEST 産経WEST

履正社5発、霞ケ浦を下す 夏の甲子園第2日第1試合

1回、本塁打を放つ履正社・桃谷惟吹=甲子園球場(水島啓輔撮影)
1回、本塁打を放つ履正社・桃谷惟吹=甲子園球場(水島啓輔撮影)

 全国高校野球選手権大会第2日は7日、甲子園球場で1回戦が行われ、履正社(大阪)が霞ケ浦(茨城)を11-6で下して、2回戦に進出した。

 履正社が5本塁打を含む17安打で11得点を挙げた。一回に桃谷の先頭打者本塁打と井上のソロ本塁打で2点を先制。三回には野上が2ランするなど、序盤の7点が効果的だった。五回は西川、九回には桃谷が2本目の本塁打を放った。六回途中から救援した岩崎が1失点でしのいだ。

 霞ケ浦は12安打で6得点したが、鈴木寛の三回途中降板が痛かった。

▽履正社(大阪)-霞ケ浦(茨城) 

 (8時00分、観衆2万5000人)

履正社223 011 011-11

霞ケ浦001 004 010-6

(履)清水、岩崎-野口

(霞)鈴木寛、山本-鈴木春、瀬川

▽本塁打 桃谷1号(1)(鈴木寛)=1回 桃谷2号(1)(山本)=9回 井上1号(1)(鈴木寛)=1回 野上1号(2)(鈴木寛)=3回 天野1号(1)(清水)=3回 西川1号(1)(山本)=5回(本塁打合計 6本)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ