PR

産経WEST 産経WEST

教科書10冊で他書籍から無断転載 近大准教授を解雇

 近畿大は6日、法学部の男性准教授(37)が執筆した教科書などについて、別の書籍から無断転載したとして、諭旨解雇の懲戒処分にしたと発表した。処分は5日付。

 同大によると、男性准教授が執筆を担当した民法などの学内向けテキストや市販の書籍、新入生に配布するガイダンス用冊子など、10冊の91カ所155ページ分で無断転載が確認された。他の著者による法律の専門書など計11冊からほぼ同一の文章を引用し、いずれも引用元を明記していなかった。

 5月に引用元の書籍の出版社から指摘があり発覚。大学の調査に対し、男性准教授は「著作権に関する認識が甘かった」と無断転載を認めたという。男性准教授は学内向けテキストの執筆では報酬計143万円を受け取っていた。

 会見した藤原尚副学長は「著作権を侵害したテキストで授業やガイダンスを行ったことになり、教育の場では決してあってはならないこと」と謝罪。6月末には、男性准教授の論文について外部の研究者から盗用を指摘する通報があり、大学が調査している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ