PR

産経WEST 産経WEST

大阪IRを「アジアのMICE首都に」 米MGMリゾーツ会長

その他の写真を見る(1/2枚)

 統合型リゾート施設(IR)運営大手、米MGMリゾーツ・インターナショナルのジム・ムーレン会長兼最高経営責任者(CEO)は3日までに大阪市内で産経新聞のインタビューに応じ、同社が大阪で開設を目指すIRについて、アジア屈指の国際展示場を設ける考えを表明した。IRには劇場のほか、スポーツアリーナも開設。国内外から多くのビジネス客と観光客を呼び込む態勢を整える。(黒川信雄)

ビッグサイト超える規模

 大規模な展示会や会議場を設けて集客を図るビジネスイベントは「MICE(マイス)」と呼ばれ、IRの中核事業に位置付けられる。ムーレン氏は「大阪をアジアのMICEキャピタル(首都)にする」と明言した。

 MICE施設は「日本で最大となる」と述べ、6月に20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)が行われた国際会議場「インテックス大阪」(展示面積約7万平方メートル、大阪市)や、東京ビッグサイト(同約9万5千平方メートル、東京都江東区)の規模を上回る見通しを示した。アジアのIRと比べても、マリーナベイ・サンズ(シンガポール)やベネチアン・マカオ(マカオ)が備えた展示場をしのぐことになる。

 IRには、国内の祭りやイベント、交通などの情報を提供する「ツーリスト・センター」を開設し、瀬戸内海の島々とを結ぶフェリーターミナルを設け、西日本全体への観光拠点とする。スポーツアリーナを活用したイベントでは、海外プロスポーツなどの誘致も目指す。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ